Loading...

鳥獣被害対策の
未来を創る

  • 繰り返される
  • 害獣たちのとの
  • 闘いに決着を!
  • 鳥獣被害対策の
  • エース登場!
  • 蜂のチカラで
  • シャットアウト!

鳥獣被害対策の様々な課題を一気に解決

これまでの対策は、防御対象の動物が多様化していることや、動物の学習能力などによっていずれも根本的な解決に至らず、まさに「イタチごっこ」が続いています。「境界守-キョウカイモリ-」は、従来の鳥獣被害対策の様々な課題を一気に解決する、画期的なシステムとして注目されています。

READ MORE

大切な施設や農作物を守る
鳥獣侵入忌避システム

境界守

KYOUKAIMORI

「境界守」は、作業の障害となるフェンス等を設けることなく、地中に埋設したパイプを通じて防御ラインを設けることができます。このシステムはこれまでの対策とは大きく違い、ツキノワグマからネズミ、ハト、カラスまで、ほぼ全ての有害鳥獣問題の解決が可能。動物たちの「危険なもの」を察知する本能を利用した侵入忌避システムで、その効果は恒久的です。

「刺されると痛い!」害獣にとって、 蜂はもっとも苦手な天敵

野生動物たちは、「蜂は刺す」「刺されると痛い」ことをよく知っています。国内に生息する最大の野生動物であるツキノワグマは、スズメバチには怖くて近づきません。境界守は、野生動物たちが蜂だと認識する「蜂の体臭」と「飛び交う羽音」を地下に埋設したパイプを通じて防御範囲全体に送り出すことで、野生動物を防御対象の施設や田畑から遠ざけることができるこのシステムは、ほぼ全ての鳥獣被害に効果的ということが実証されています。

紹介動画

景観を損なうことなく、防御範囲を自由に設定

境界守システムは、地下に埋設するため、景観の悪化や開口部を気にすることなく、自由に防御範囲を設けることができます。さらに超指向性スピーカーを使って、音による空間防御を併用すれば、サルや鳥など空から侵入する鳥獣も防ぐこともできます。

READ MORE

レンタルシステムで、計画的な導入をサポートします

境界守システムは、初期工事費(外周に敷設される埋設管等)を除き、主要な機器(コントロールBOX等)そのものの使用料及び維持管理費は、月払いのレンタルシステム(年契約)で提供しております。これにより初期負担が低減でき、計画的な導入が可能になります。 本システムは、事前の綿密な現地調査で害獣の生態環境や防御対象の土地形状などを確認して、導入計画をご提案いたします。また、設備の設置後も、年契約のレンタルシステムにより責任を持ってシステムの維持管理とメンテナンスを行っていきますので、ご安心して導入いただけます。

ご導入までの流れ

※防御を必要とする面積やその形状及び対象動物によって、設置方法や費用は異なります。

お気軽にお問い合わせください

CONTACT